サメ・マンボウ日本一の水族館!アクアワールド大洗の魅力を紹介!『おでかけ子ザメ』とのコラボ企画も!

「サメ好きにオススメな水族館を一つだけ選ぶとしたら?」

もしそう聞かれたら真っ先に思い浮かぶ水族館、アクアワールド茨城県大洗水族館(アクアワールド大洗)へ久しぶりに行ってきました!

ロゴマークにサメが入っていることからも分かる通り、アクアワールド大洗は数多くのサメを飼育しており、国内で唯一シロワニの繁殖に成功するなど、繁殖にも力を入れている水族館です。

今回はそんなアクアワールド大洗の生き物や時期限定の企画展などを紹介していきます!

目次

サメの展示種数日本一!

アクアワールド大洗の見所と言えば、なんと言っても豊富なサメの展示です。

アクアワールド大洗は飼育しているサメの種数が日本一であり、その数は約50種にも及びます。

全世界のサメの種数が約550種ほどとされているので(諸説あり)、アクアワールド大洗ではその10分の1近くを観ることができるのです。

特に、アクアワールド大洗では他の水族館ではあまり見ない海外産のサメも多く展示されているので、サメマニアとしては必見です。

カスザメ。平べったいエイみたいな姿のサメです。なかなか動かず、顔を見せてくれませんでした。
ホシザメ
ヒゲツノザメ
シロワニ。このサメの繁殖に成功したのは日本でここだけです。
水族館生まれのシロワニ(通称キューちゃん)
レモンザメ。体色が黄色みがかっているのが名前の由来ですが、大洗の個体はただの薄灰色に見えます。
手前で目をつぶっているのがタテスジトラザメ、奥でドヤ顔しているのがカリフォルニアネコザメです。
インドネシアンスペックルドキャットシャーク
オオテンジクザメ。吸い込んでタコなどを食べる可愛い顔のサメです。
ネックレスクラカケザメ。名前の通りネックレスをしているような模様があります。
スペックルドカーペットシャーク。マモンツキテンジクザメと同じグループの仲間です。
ツマグロ
ノーザンウォビゴング。オオセというサメの仲間。
シマザメの赤ちゃん。イヌザメに似ていますが、背鰭の先が丸いのが特徴。国内では初の繁殖事例です。

標本や食事もサメが充実

アクアワールド大洗の見所は水槽の中を泳ぐサメだけではありません。

館内3F、サメ水槽が多くあるスペースを抜けた先にある「シャークダディズルーム」というスペースには、飼育されているサメたちが実際に産んだ卵殻の他、迫力ある顎標本や剥製がズラリと並んでいます。

そのすぐ近くにある館内カフェ「マーメイド」では、サメ肉の入ったカレーやナゲット、フカヒレスープなどのサメ料理を味わうことができます。

余談ですが、アクアワールド大洗のマップは「チケット売り場のある1Fっぽい場所が実は3F」など少し複雑なので、迷いやすい方はご注意ください(迷いながら色々見るのも楽しいですけどね)。

シャークダディズルームで一際存在感を放つメガロドンの顎模型
タテスジトラザメの卵殻。糸状のものは紐状付着糸と呼ばれ、母親は卵が流れていかないようこれを何かに巻き付けます。
カリフォルニアネコザメの卵殻。トラザメ類のものと異なり、岩の間に押し込むと流れていないような構造をしています。
ホホジロザメの剥製
ウバザメの脊椎骨。手間に写っているのは僕の手です。デカ・・・。
マーメイドカフェで食べられるサメカツ&サメナゲット
フカヒレスープ

企画展でもサメ!おでかけ子ザメ&サメの赤ちゃん

今回訪れた目的の一つが、期間限定の企画展「おでかけ子ザメ×アクアワールド・大洗」です(2024年5月11日~7月7日開催)。

CV花澤香菜という神がかったキャスティングでアニメ化された効果もあり、今や大人気となっている『おでかけ子ザメ』に絡め、アクアワールド大洗で産まれた可愛すぎるサメの赤ちゃんたちが展示されています。

先述の通りアクアワールド大洗はサメの繁殖にも力を入れており、多様なサメの赤ちゃんを見ることができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

サメの中には成長と共に模様が変わっていく種もいるので、年間パスポートを購入して成長過程を観察するのもおススメの楽しみ方です。

企画展中は限定グッズの販売などもあり、子ザメファンはチェック必須ですね!

入り口からすでに可愛い・・
カリフォルニアネコザメの赤ちゃん
マモンツキテンジクザメの赤ちゃん
トラザメの赤ちゃん
期間限定の子ザメグッズたち

【企画展詳細】

企画展名:おでかけ子ザメ×アクアワールド・大洗

実施期間:2024年5月11日~同年7月7日

企画展の公式紹介ページはコチラ

期間限定ステッカー付きチケット購入はコチラ

サメだけでなくマンボウも日本一

アクアワールド大洗はサメだけでなく、マンボウも見所の一つです。

マンボウ自体は他の園館でもよく飼育されていますが、アクアワールド大洗のマンボウ水槽は、マンボウ専用のものとしては国内最大となります。

11:00~と15:00~には飼育員がマンボウに手渡しでエサを与える様子が見られる「マンボウウォッチング」というイベントがあり、マンボウ水槽の横を通った先のスペースでは体高3.5mもあるウシマンボウの剥製を見ることもできます(イベントの有無と時間は変わる可能性あり)。

マンボウ
飼育員さんからエサを手渡されるマンボウ。飼育員さんはマンボウたちを見分けて担当する個体にだけエサを与えているそうです。
全長3m・体重2030Kgのウシマンボウ。頭が隆起するなどの特徴があります。

その他の生き物や展示

もちろん、アクアワールド大洗にはサメ・マンボウ以外にも魅力的な生き物や面白い展示が沢山あります。

また、サメに夢中で僕はいつも忘れてしまうのですが、イルカ・アシカオーシャンライブは待ち時間に行列ができる程大人気です。

さりげなく珍しい生物が展示されていることもあるので、じっくり回ることをオススメします。

コモンカスベというエイの赤ちゃん
タカノハダイ
キアンコウ
水深100以深に生息するダーリアイソギンチャク。浅い海に棲むイソギンチャクと異なり、海底の流れに乗って転がりながらエサが豊富な場所に向かいます。
目玉焼きみたいなクラゲの仲間、コティロリーザ・ツベルクラータ
さかなクンさんの本体でお馴染みハコフグ
小さいお子さんの遊び場にあるネコザメパーカー。普通に販売して欲しい。

アクアワールド茨城県大洗水族館の詳細

アクアワールド茨城県大洗水族館

  • 営業時間:9:00~17:00 (最終入館16:00)
  • 休館日:年中無休。ただし、メンテナンス休館期間が年に2回ほどあるので公式HPを要確認
  • 料金:大人2,300円 / 小・中学生1,100円 / 幼児(3歳以上)400円 / 3歳未満無料
  • 住所:〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
  • 最寄り駅:大洗駅または那珂湊駅(駅からバスでそれぞれ15分または7分)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次