【BGサメ映画レビュー】キラー・シャーク 殺人鮫

マッドサイエンティストによって生み出されたシュモクザメ人間が殺戮を繰り広げます。サメよりも狂人の方が怖いと分かる作品かもしれません。

邦題キラー・シャーク 殺人鮫
原題SharkMan
公開年2005年
監督マイケル・オブロウィッツ
出演ウィリアム・フォーサイス/ジェフリー・コムズ/アーサー・ロバーツ
制作国アメリカ
ランクB級(トンデモ設定や雑なCGなどのツッコミどころを楽しむ作品)
目次

あらすじ

大手製薬会社に勤める生物学者のアメリアとIT部門社員のトムは、変わり者として知られるキング博士から幹細胞研究に関する重要なデータを受け取る。

医学の常識を覆す大発見の可能性を感じた彼らは、西太平洋に浮かぶ孤島まで博士を訪れる。

しかし、博士が一行に披露したのは、シュモクザメの幹細胞を移植されてサメ人間と化した博士の息子ポールだった。

キング博士は息子を使って自分を見捨てた会社への復讐を果たし、かつてポールの婚約者だったアメリアを彼の繁殖相手として迎え入れようとしていた・・・。

これ以降の記載は映画の重要部分についてのネタバレを含みます。鑑賞前にネタバレを知ってしまったことに対する責任は一切負いかねますので、予めご了承ください。

見どころ・ツッコミどころ

インパクト不足のシャークマン

この映画製作当時は陸に進出するサメ映画が少なかったので設定自体は斬新だったのですが、残念ながらそれを十分に活かしきれなかった感は否めません。

というのも、「シュモクザメと融合したサメ人間」という色々な意味でインパクトのある敵を作っておきながら、その出番が非常に控えめです。

ストーリーのほとんどはキング博士の追っ手から逃げながら脱出を試みる場面で占められており、シャークマンはその中でおこぼれ的に人間を喰い殺したり実験に使われるだけの存在と化しています。

出番が控えめでも各襲撃シーンが良質なら問題ないのですが、口、目、顔、ヒレなどのクローズアップや細かいカットが多いため、視覚的にシャークマンの恐ろしさやグロテスクさを感じられる場面が少ないです。

恐らく頭やヒレ以外のセットをほとんど作っておらず、かといってCGにお金や手間をかけたくなかったため、上記のようなシーンで誤魔化そうとしたのでしょう(それでも誤魔化しきれないほどチープなCGでしたが)。

また、キング博士による実験の全容が脱出劇が始まる前のシーンでほとんど明らかにされるため、シャークマンの衝撃が薄まってしまったように思えます。

キング博士の狂気に満ちた人物描写とシャークマンよりも作りこまれたアクションシーンのおかげでそれなりのB級映画として成立していますが、人物描写やストーリー運びに雑な部分も多く、総合評価はイマイチと言わざるを得ません。

何故か有能すぎるトム

本作でシャークマン以上の見どころかもしれないのがアメリアの恋人として登場するトムです。

イケメンでもムキムキでもないメタボ気味の中年男性なのですが、各シーンで卓越したアクションやリーダーシップを見せつけてくれます。

序盤から慣れた手つきでマシンガンを使いこなして退路を作り、傭兵相手でも格闘や銃撃で圧倒します。

その姿はアクション映画にありがちな”元〇〇の特殊部隊隊員”っぽいですが、彼は普通の会社員です。

その後も簡易的なトラップで追っ手を返り討ちにするなどの活躍を見せたのち、お手製の武器でシャークマンをあっけなく倒してしまいます。

本作のキング博士は新人類を生み出すことに躍起になっていましたが、トムこそが進化した人類の姿なのかもしれません。

その他見どころや豆知識

  • 一行を部屋に閉じ込めるシーン、警備員の一人がドアを早く閉めすぎるせいでもう一人が室内にマシンガンを落とす場面が間抜けすぎる。
  • バーニーがシャークマンに噛まれて死にかけていた時は必死に助けようとしていた恋人が、彼の死を聞かされたときは平然としています。そこはもっと取り乱せよ。
  • シュモクザメの目が離れていることに美を感じるキング博士。フェチなサメマニアっぽくて好きです。
  • 手足を縛った状態のアメリアをそのままシャークマンの水槽に入れて交尾させようとするキング博士。一体どんな体勢で交尾させるつもりだったのか・・。

サメに関する解説

サメの造形

「シュモクザメの細胞を取り込んだサメ人間」という設定の時点で造形もくそもないです。

強いてツッコミを入れるなら、シュモクザメという設定にしては頭が普通のサメっぽかったですね。

どうせなら『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに登場するデイヴィ・ジョーンズの部下みたいに頭が左右に張り出していた方がシュモクザメ感はあったと思います。

サメの行動

サメの行動と呼んでいいかは微妙ですが、この映画の根本にかかわる設定に重大な誤りがあります。

それは、実際のサメは癌になるということです。

作中のキング博士は「サメは癌にならない。だから癌に免疫を持つサメの細胞を使った」と説明しており、それがシュモクザメ人間の誕生秘話になっていますが、サメが癌にならないというのは迷信です。サメは癌にも他の病気にもなります。

このネタの正確な起源は不明ですが、恐らく「サメ軟骨が癌に効く」という現在は否定されている話に尾鰭がついた結果だと思われます。

確かに過去の研究でサメ軟骨の抗がん作用が示されましたが、その後行われた様々な実験によりその効果は否定されています。

未だにニセ科学・スピリチュアル界隈などがサメ軟骨の怪しい効能を謳うこともありますが、騙されないようお気を付けください。

その他サメに関する解説

作中のキング博士は「卵生のサメを使った方が実験が簡単だったのでは?」という指摘に対し、「シュモクザメはサメの進化における頂点である。胎盤から栄養を得るのだ。ただ泳ぐだけで思考力のないホホジロザメとは違う」という旨の熱弁を展開しています。

ホホジロザメへの風評被害がすごいことはさておき、シュモクザメが比較的新しい系統のサメであること(進化の頂点というわけではない)、胎盤を使って赤ちゃんを育てることは事実です。

子宮から出てきたシュモクザメの胎仔たち。お腹のあたりから臍の緒が伸びているのが分かります。

ただし、キング博士はこれらの根拠をもとに「人間との融合が可能だ」などと述べていますが、サメの胎盤と哺乳類の胎盤は根本的な起源が異なります。

シュモクザメを含むメジロザメ類の胎盤は、外卵黄嚢という栄養の入った袋が変形して臍の緒と胎盤を形成します。

一方僕たち哺乳類(より厳密に言えば有胎盤類)は、老廃物を溜め込む尿膜嚢を子宮の壁に食い込ませて胎盤を作ります。

「胎盤を作る」というワードだけでサメと人間は近い動物と勘違いする人がいますが、これを読んでいるあなたはキング博士のような過ちを犯さないようにしましょう。

サメ映画をまとめて観るならU-NEXTがおススメ!

【U-NEXTがお勧めな理由】

映画数が豊富でマイナー作品も網羅!
→他の配信サイトでは見られないような隠れた名作まで見ることができるので、「とにかく沢山の作品を観たい」という方や「自分のお気に入りがマニアック過ぎて別の配信サイトで見つからなかった」という方にはお勧めです!

サメ映画に特化した特集がある!
→A級~Z級まで豊富なサメ映画を取り揃えており、サメ映画だけを集めた特集ページまであります(詳しくはコチラ)。中国サメ映画がいち早く観られるのも魅力です。

新作・人気作もポイントで実質見放題!
→新作や人気作の一部は見放題ではなくポイントを支払う必要がありますが、月会費として支払った金額がそのままポイントになるので、実質追加料金なしで新作も楽しむことができます!

男性諸君に嬉しい機能も!
→あえて何とは言いませんが、世の男性諸君が日々お世話になっているであろう作品たちも追加料金なしで見放題になります。

今なら1カ月間無料お試し期間実施中!
→「気に入った作品があるか分からない」や「使い勝手が自分に合うかどうか・・」と不安な方も、31日間は無料で体験利用することができます。気に入ったら継続、どうしても合わない場合は期間中に解約すればOK!

DVDで購入されたい方はコチラ!

参考文献&関連書籍

  • Scientific American『Sharks Do Get Cancer: Tumor Found in Great White』2013年
  • 左巻健男『暮らしのなかのニセ科学』2017年
  • 特定非営利活動法人日本緩和医療学会『がん補完代替医療ガイドライン第1版』2009年
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次