【BGサメ映画レビュー】ディープ・ブルー

ジョーズと並ぶサメ映画の金字塔!テンポよいスリリングな展開とどんでん返しが最後まで楽しませてくれる傑作です!

邦題ディープ・ブルー
原題Deep Blue Sea
公開年1999年
監督レニー・ハーリン
出演トーマス・ジェーン/サフロン・バロウズ/サミュエル・L・ジャクソン
制作国アメリカ
ランクA級(普通に映画として楽しめる。自信をもって勧められる)
目次

あらすじ

アルツハイマー病の特効薬を作ろうとするスーザン率いる科学者チームは、海軍基地を改造した研究施設アクアティカでアオザメを使った実験をしていた。

ある日、実験用のサメが脱走して人を襲う事故が起きてしまい、出資をしていた大手製薬会社キマイラから研究中止を言い渡される。

研究続行のために成果を急ぐスーザンだったが、実験の副作用で脳組織が大きくなったサメたちは高度な知能を獲得していた。

共同で狩りをし、銃を武器だと認識するほどに頭の良くなったサメたちは暴走を始め、偶然やってきたハリケーンの影響もあって施設は破壊されてしまう。

浸水する施設内で、高度な知能を持つサメと人間のデスゲームがはじまる・・・。

これ以降の記載は映画の重要部分についてのネタバレを含みます。鑑賞前にネタバレを知ってしまったことに対する責任は一切負いかねますので、予めご了承ください。

見どころ・ツッコミどころ

『ジョーズ』と並ぶ最高級サメ映画

サメ映画の原点である『ジョーズ』が”ゆっくりと迫ってくる見えない怪物の恐怖と男たちの死闘”を描いたのに対し、本作『ディープ・ブルー』は”テンポよくサメが人を喰らいまくるスリル”を描いた、当時としては斬新なサメ映画でした。

『物語を成立させるうえで十分な、しかし必要最低限の会話を挟みつつも、冒頭から終始サメを出ずっぱりで登場させるので見る者を飽きさせません。

閉鎖的な海中研究所という舞台を存分に生かし、窓ガラスをぶち破る、電子オーブンにコックを追い込む、エレベーターシャフトを水と共に上ってくるなど、様々な形でサメの襲撃が描かれているのも本作の魅力です。

本筋の脱出劇が始まるのは開始40分ほど経過した後ですが、それまでにもヨットの襲撃やイタチザメと泳ぐカーターなど、ハラハラさせる場面を挟みならテンポよく進行し、まさに”最初から最後まで楽しめる”というフレーズがぴったりの作品です。

さらに、冒頭で出てくるチタン合金フェンスの話がラストにつながり、物語の途中で提起された「サメは何を考えているのか?」という命題への解答が出されるなど、プロットも作りこまれていることが伺えます。

どんでん返しの展開

本作『ディープ・ブルー』は視聴者の期待を良い意味で裏切るどんでん返しも魅力の一つです。

サミュエル・L・ジャクソン演じるラッセルがイイ感じのことを長々と演説している途中にサメに喰われるシーンは今や伝説的名場面となっています。

また、どことなくスーザンとカーターのどちらが主人公なのか分かりづらいまま映画が進行するので、ラストでスーザンが噛み千切られるシーンは色々とショックだったという人も多いのではないでしょうか。

もっとも、「期待を裏切る」という点で最も活躍したのはLL・クール・Jが演じたプリ―チャー(コック)かもしれません。

サメを研究するエリート科学者たち、身体能力抜群のサメ使い、雪山遭難から生還した億万長者という高スペックな人間たちの中でも色あせないキャラクター性を発揮しつつ、様々な活躍を見せます。

とっさの機転でサメを爆死させ、エレベーターシャフトでは救世主感を漂わせながら登場し、サメに喰われかけても反撃に出て生還。さらに一瞬で現状を理解したうえで矢をサメに命中させる・・・。

もはやコイツが主人公なのではないかという勢いで、結局3尾のうち2尾のサメはプリ―チャーが倒しています。

なにはともあれ、先述の通りテンポよく作りこまれた展開の中でこうした意外性が発揮されるので、まさに”最後まで目が離せない”映画と言って良いと思います。

その他見どころや豆知識

  • 映画の序盤でカーターがサメの口からナンバープレートを外すシーンがありますが、番号が『ジョーズ』に出てきたものと同じです(ルイジアナの007-o-981)。
  • 物凄い水圧の水が押し寄せて来てるのに人力でハッチを閉めているのが凄すぎる。
  • 海水に浸かっても正常に起動するオーブンが有能すぎる。
  • プリ―チャーが「上手なオムレツを作るには卵は三つではなく二つ。素人はよくミルクを入れるが、それは大きな間違い」と遺言ビデオに吹き込む場面が印象的ですが、そもそも調理場でオウムを飼うことが大きな間違いです。
  • スーザンが自分のラボで襲われるシーン、よく見ると調理場のシーンの水中シーンが使いまわされています。予算節約?
  • 水上に脱出したカーターがサメに対して「Son of a bitch」。『ジョーズ』から続く悪しき習慣はここでも採用されているようです。

サメに関する解説

サメの造形

本作のサメはアニマトロ二クスとCGが効果的に使い分けられ、非常に良い仕上がりになっています。

登場するアオザメ本物に比べ目が小さく、どこか凶悪さを感じさせる顔をしていますが、それ以外の特徴(ホホジロザメよりもシャープな顔つき、細長くとがった歯、三日月形の尾ビレなど)はかなり本物に近いです。

ただし、本作『ディープ・ブルー』にはどうしても見逃せない大きな汚点があります。それがイタチザメです。

本作には実験体として3尾のアオザメと1尾のイタチザメが登場します。

なぜ1尾だけ種を変えたのか作中で説明はありませんが、恐らく同じアオザメだと物語が分かりづらいだろうという配慮か、ナンバープレートのオマージュをどうしてもやりたかったなどの都合だと思います。

このイタチザメはカーターの卓越した(と言うより人間離れした)運動能力の伏線となり、共同で狩りをするアオザメに殺されることで彼らの知能を示すという重要な役割を担っているのですが、どう見てもフォルムがアオザメです。

一応イタチザメを思わせる縞模様が描かれているのですが、それ以外は作中に登場するアオザメと何も変わりません。

実際に2種を見れば分かりますが、アオザメとイタチザメはどんな素人でも見分けがつくほど異なった姿をしています。

まして、『ジョーズ』と同じ番号のナンバープレートを登場させるというオマージュをしたのであれば、当然制作陣は本物のイタチザメを目にしているはずです。

そうしたことも考慮すると、このイタチザメの描写は本作の品質にもかかわる重大な欠陥だと言わざるを得ません。作品全体が高クオリティが高いだけに非常に残念です。

サメの行動

本作のサメは色々と無茶な行動をしていますが、「知能を異常に高められた特殊なサメ」という設定がある以上深くツッコむのは野暮かもしれません。

強いて難点を挙げるなら、本作に登場するサメがアオザメだというのがある種一番のツッコミどころでしょう。

アオザメは外洋性のサメであり、これまで世界のどの水族館も長期飼育に成功していません。

いくら広い研究所とはいえ、3尾のアオザメを長期的に飼育できるのか?飼育できるとして、広い海を泳ぐことに慣れているアオザメが狭い施設内で人を襲えるのか?

なにより、アオザメ以外のサメ(例えばニシレモンザメなど)であれば、もっと小さい研究所で安全に飼育できたのでは?という考えが頭をよぎってしまいます。

さらに、ジャニスはサメを説明する際「2尾の第一世代と1尾の第二世代です」と言っていますが、文字通り第二世代が子供なら、飼育下でアオザメを繁殖させるという世界のサメ研究に永久に誇れる快挙を成し遂げたことになります。

正直、違法なやり方でアルツハイマーの治療薬を作るより、その飼育技術でサメ研究に貢献した方がいい気がしてきますね・・。

また、サメが後ろに下がるシーンが「知能が高くなったことの証」のように描かれていますが、知能に関係なく体の構造上後ろに向かって泳ぐのは無理です。

その他サメの解説や気になるところ

  • サメについてではないですが、世界最速とされることもあるアオザメの攻撃を避けて背ビレにつかまるカーターって何者なんでしょうね・・・。
  • アオザメはかなりのスピードで泳ぐことができるので、フェンスを無理して噛み破らなくても飛び越えられた疑惑・・・。

本作のシリーズ作品

サメ映画をまとめて観るならU-NEXTがおススメ!

【U-NEXTがお勧めな理由】

  • 映画数が豊富でマイナー作品も網羅!
  • サメ映画に特化した特集がある!(詳しくはコチラ
  • 新作・人気作もポイントで実質見放題!
  • 男性諸君に嬉しい機能も(意味深)

DVDを購入されたい方はコチラ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次