『ギガ・シャーク』のネタバレあり感想&サメ解説【BGサメ映画レビュー】

邦題ギガ・シャーク
原題巨鲨之夺命鲨滩 / Huge Shark / Red Water
公開年2021年
監督ホアン・ジャオシェン
出演ジャオ・イーファン / ホアン・タオ / ホング・シュアン
制作国中国
ランクB級(トンデモ設定や雑なCGなどのツッコミどころを楽しむ作品。)
ストーリー★★★☆☆
演出や絵作り★★☆☆☆
サメの造形★★☆☆☆

サメ映画を観るならU-NEXTがおススメ!

目次

あらすじ

外科医であるシェンは、従妹イーランの誕生日パーティに招待されヨットに乗ることに。

しかし、イーランの彼氏ティエンミンが女上司ウェンディも招待したことで、船上には気まずい雰囲気が漂っていた。

やがてイーランの嫉妬心がきっかけになり、ひょんなことから全員海へ放り出されてしまう。

どうにかヨットに上がろうとしている中、巨大なサメが現れてイーランを喰い殺し、ウェンディも傷を負ってしまう。

偶然近くを漂っていた小型ボートに辿り着いたシェン達は、ウェンディを病院へ連れていくためヨットまで戻ろうとするが・・・。

これ以降の記載は映画の重要部分についてのネタバレを含みます。鑑賞前にネタバレを知ってしまったことに対する責任は一切負いかねますので、予めご了承ください。

見どころ・ツッコミどころ

中国版『ロスト・バケーション』

名作サメ映画の劣化版コピーを作ることしか能がない中国が製作したサメ映画です。

邦題では『ギガ・シャーク』、英語では『Huge Shark』と呼ばれ、予告篇などでも「サメがデカい!」と強調されていましたが、サイズとしては割と普通なサメが登場します。

身も蓋もない言い方をすれば、ブレイク・ライブリー主演の傑作『ロスト・バケーション』のパクリです。

「医療技術に長けた美人サーファーが人喰いザメに襲われ、狭い場所へ追い込まれる」という設定が酷似しているだけならまだしも、

  • 主人公がただサーフィンするだけのシーンが長く流れる。
  • 切り裂いたラッシュガードで足の傷を止血する。
  • 最初にいた安全地帯からブイまで泳ぐ。
  • ブイの中の照明弾を2発撃つが遠くの大型船に気付いてもらえない。
  • ブイが壊される時に主人公が天を仰ぎ見る画角で落ちていくスローモーション。
  • 岩場でカニ(本作ではフジツボ)を食べようとするが不味すぎて吐き出す。
  • 足場から遠くに浮かんでいる物を取りに行くためにサメの移動にかかる時間を測る。
  • 足場に辿り着いて一息ついている後ろからサメが大口開けて迫ってくる。

など、『ロスト・バケーション』内の様々な展開やシーンが真似されています。

登場人物を増やしたり順番を入れ替えて誤魔化したつもりかもしれませんが、ここまでパクってしまうのは清々しいというか、製作陣の倫理観を疑う代物です。

人物描写もサメの再現も劣化コピーと呼ぶに相応しい

ほとんどの中国サメ映画に共通して言えることですが、本作もやはり名作を表面的に模倣しただけで、オリジナルの良さやそれに代わる新しい魅力に欠けていることが一番の問題でしょう。

本作の元ネタである『ロスト・バケーション』は、「美女VSサメ」という一見シンプルな構図でありながら、その一進一退の攻防の中に「母が病死したことをきっかけに医学の道を諦めた主人公が、サメという具現化した死に直面し、そこからどう考え行動するか?」という人間ドラマが綺麗に組み込まれています。

一見サメと無関係な父親との電話やGoProの遺言シーンも、主人公ナンシーの心情を表す重要なシーンであり、映画全体が一つのテーマで美しくまとまっていました。

しかし、本作の主人公シェンは特にそうした葛藤を抱える女性ではなく、脇役であるティエンミン達の三角関係も大して深掘りされません。

後半まで生き残ったウェンディが「純粋な愛はあるのか?」という命題を提示してシェンが答えるというヒューマンドラマ的な展開はあるものの、「生きたい」と強い意志を示したウェンディはその後あっさり喰われてしまうので、結局はシェンが疲弊しながらサメと一人で闘うというただのサバイバル劇になります。

さらに言えば、『ロスト・バケーション』のホホジロザメは全サメ映画中トップクラスの再現度だったのに対し、本作のサメはCGであることが丸分かりの、非常にお粗末なクオリティでした。

パクられている元が神作品なのでストーリーが無難であり、かつ主演女優が可愛い(個人の感想です)という救いはあるものの、本作をわざわざ観るなら『ロスト・バケーション』をしっかりと堪能した方が有意義な時間を過ごせると思います。

その他見どころや豆知識

  • イーランが喰われた途端に一斉に危機を感じて逃げ出す3人。逃げるのは仕方ないとして、もう少し助けようとするとか取り乱すとかするものじゃないの・・・?
  • 浸水するほど損傷していて穴を服で塞いだだけなのに何時間も沈まずに浮かび続ける有能ボート。
  • シェン達が落とした銛が浮いていますが、あれだけデカい刃がついているなら沈むのでは?

サメに関する解説

サメの造形

最近流行りのAIで再現したようなサメでした。

恐らくホホジロザメをモデルにしているのでしょうが、頭が妙に角ばっていたり、尾鰭が変な曲がり方をしていたり、腹鰭がおかしな場所から生えていたり、細かく見るとツッコミどころが多いです。

一番おかしく感じたのは舌です。シェンに向かって大きく口を開けるシーンをよく見ると、サメの舌から黒いトゲトゲが生えています。サメにあんなものはありません(一部のサメは舌のウロコが大きくてザラザラ感が目に見えることはあります)。

また、サメが水面から背鰭を出すシーンで、背鰭が真っ黒なこともあれば、ヨゴレのように先が白いこともありました。

もはやサメの造形など大して気にしていなかったのでしょう。この点も『ロスト・バケーション』に比べると大きく劣る点です。

実際のホホジロザメ。
実際のヨゴレ。ヒレ先に白い模様があるのが特徴です。

サメの行動

パクリ元である『ロスト・バケーション』では「巨大なクジラの死体が流れ着いて浮かんでいる」という、サメがその場に留まる理由付けがされていたのに対し、本作のサメには特にそういった設定はありませんでした。

何故いきなりサメが現れて人を襲い居座り続けるのか謎です。

また、本作のサメは体当たりしたり飛び上がる度にクッパのような鳴き声を発していましたが、サメは吠えません。

サメ映画をまとめて観るならU-NEXTがおススメ!

【U-NEXTがお勧めな理由】

映画数が豊富でマイナー作品も網羅!
→他の配信サイトでは見られないような隠れた名作まで見ることができるので、「とにかく沢山の作品を観たい」という方や「自分のお気に入りがマニアック過ぎて別の配信サイトで見つからなかった」という方にはお勧めです!

サメ映画に特化した特集がある!
→A級~Z級まで豊富なサメ映画を取り揃えており、サメ映画だけを集めた特集ページまであります(詳しくはコチラ)。中国サメ映画がいち早く観られるのも魅力です。

新作・人気作もポイントで実質見放題!
→新作や人気作の一部は見放題ではなくポイントを支払う必要がありますが、月会費として支払った金額がそのままポイントになるので、実質追加料金なしで新作も楽しむことができます!

男性諸君に嬉しい機能も!
→あえて何とは言いませんが、世の男性諸君が日々お世話になっているであろう作品たちも追加料金なしで見放題になります。

今なら1カ月間無料お試し期間実施中!
→「気に入った作品があるか分からない」や「使い勝手が自分に合うかどうか・・」と不安な方も、31日間は無料で体験利用することができます。気に入ったら継続、どうしても合わない場合は期間中に解約すればOK!

サメ映画に興味がある方へオススメの書籍

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次